生命保険にも相続税は発生するのか

生命保険にも相続税は発生するのか

生命保険にも相続税は発生するのか 家族が亡くなった場合は、相続の手続きを進めていくことになりますが、もしものときに備えてかけていた死亡保険を受け取ることもあります。そして、この場合は遺言書がなくても、受取人がスムーズにお金を受け取るおことができるのもメリットです。
とはいえ、受け取った金額が高額であった場合は税金がかかるのかどうかも気になるところです。
まず、死亡保険には非課税枠がありますので、その範囲内であれば相続税は発生しません。非課税脇の計算式は、法定相続人の数×500万円となっています。
例えば、3人の場合は1500万円までなら税金は発生しません。時には相続人以外の人が受取人になっている場合もありますが、この場合は非課税の対象にはならないので注意が必要です。
もしもに備えて税金対策も考えておきたいところですが、受取人を配偶者にしておくと配偶者の税額軽減の措置がありますので、多くの金額を受け取った場合でもあまり税金の心配をせずに済みます。

相続税の計算方法はけっこう複雑なので気を付ける必要がある

相続税の計算方法はけっこう複雑なので気を付ける必要がある 身内が亡くなった場合には葬式をあげてしっかりと弔う必要がありますが、その後相続人全員が集まって遺産分割協議を行うことになります。
ただ相続分に関しては民法に定めがあり子供がいる場合には妻と子供で2分の1ずつ分けることになりますし、亡くなった人の親が存命の場合にも妻と故人の親で2分の1ずつ財産を分けることになるので難しいことはないです。
問題は兄弟姉妹の場合でこの時は妻に4分の3、兄弟姉妹に4分の1ずつ分割することになりますが、兄弟姉妹には遺留分減殺請求権がないのでこの点は注意が必要です。
その後受け取ることになった遺産が一定の額以上になった場合には相続税を払うことになりますが、その計算方法に関してはけっこう複雑なのでしっかりと確認することが大切です。
計算方法については予め決まっているので時間をかければ素人でも何とかなりますが、納税の期限は決まっているので自信のない人は税理士等に相談をした方が良いです。

「相続 保険」
に関連するツイート
Twitter

「政治家は裏金をもらっても非課税なのに…」岸田首相が国民に押し付ける大増税ラッシュ 

返信先:保険の目的は3つだと思います。 ① 自分がいなくなっても家族が生活していけるように備える。 → 家族が自身の収入で生活できるなら不要 ② 突然の出費に備える。 → 貯金で賄えるなら不要(後述) ③ 相続税対策。 → 免税枠は相続人一人当たり500万円 各々の必要な目的次第ですね。

返信先:子供や孫にお金を残すのであれば、一時払終身保険で、死亡保険金を買うといいです。払った保険料より大きな死亡保険金が買え、かつ、相続税の非課税枠があるので、必ず使った方が良いと思います。

返信先:死亡保証付きの保険商品にして、受取人をお子さんやお孫さんにしておくと、相続ではなく保険金の受け取り、になりますよ 詳しくは税理士等にご確認ください

返信先:運用する必要はないでしょう。一時払い終身保険相続税対策をすればいい。