基礎控除は子供もカウント

基礎控除は子供もカウント

基礎控除は子供もカウント 相続は何年か前までは、ある程度の財産を引き継ぐという認識はあったものの相続税に関しては自分たちは無縁だという人が多かったのです。
それは基礎控除というものがあり、多くの人がそのおかげで税金の対象にはなりませんでした。かなりのお金持ちでなければ心配無用ということであり、税務署もそれほど調査しないという具合でした。
ところが税法が改正になったので、今は家などを持っていると相続税の心配をしなくてはならないということになりました。
基本的な控除が3千万円となり、被相続人一人当たり600万円となったからです。親子二人の場合は、4200万円までは税金がかからないということです。数年前までは、5000万円と一人あたり1000万円で7000万円でしたから、雲泥の差というわけです。
でも子供さんが大勢いる家庭では、その子供の数分加えることができるので、このことを忘れないようにするといいでしょう。
その他にも、財産は額面通りでなく、税の対象となる計算方法があり、それほど難しくないので、一度は税務署の手引きに目を通しておくことがお薦めです。

孫への相続を考える場合には基礎控除を理解しておこう

孫への相続を考える場合には基礎控除を理解しておこう 孫への相続を行う場合には、相続税が2割加算になってしまいますので負担の無い範囲内で継承ができるように必ず手続きを行っておかなくてはいけません。
一般的に、相続財産は税金の対象となってしまいますので、一定以上の金額を継承すればそれに応じた金額を納めなくてはいけません。しかし、基礎控除といって一定の範囲内においては税額を抑えられる仕組みも存在します。
ここで注意が必要なのが、どういった方法で孫に権利を継承させるのかという点です。仮に、代襲相続で受け継がれているときには、別の方法で財産を事前に引き継がせていたとしても、税金を納めなくてはいけない事態になる可能性もあります。
この代表的なものが、贈与です。たとえ遺産で基礎控除に満たない金額であってもそこで、贈与でそれを超えてしまったときには納税の義務が発生します。一見有効にみえますが、代襲を利用すると納税をしなくてはいけない可能性もあるため注意が必要です。

「相続 控除」
に関連するツイート
Twitter

【マネー知識】 親が亡くなった後に、相続税よりも高い税金がかかることも 相続した空き家を売る時に知っておきたい、3,000万円特別控除の特例

※ 事実婚≠PACS。性別に関係なく、成年に達した2人の個人の間で安定した持続的共同生活を営むために交わされる契約で、実は友達同士でも可能(肉親は不可)。ちなみに事実婚はconcubinage、配偶者控除などの対象となっておらず、パートナーの死後、遺産を相続する権利も認められていない。 (2/n

知ってた?奨学金を親がいっぺんに払うと贈与税かかるの!なので控除範囲内で返済(年110万)または返済資金を親から借りたことにする。もしくは相続時精算課税制度を利用する。ほんまお金となったらなんでも奪い取るよね😡

返信先:仮に法定相続人がふたりだとすると、相続税の基礎控除額が4,200だから、持ち家込みで、これをすこし下回る4,000ぐらいにし、あとは使うか、うまく生前贈与するのがいいと思います。控除額を上回ると、相続税の手続きで子供に負担がかかりますので。

返信先:家族人数や不動産価格が不明ですが相続税対策の方が確実です。 それだけ収入があれば7000万から減らないでしょう。 子供2人として7000万から3000万+600万x3の4800万控除した2200万+不動産の半分に相続税が来ます。 半分に対する2次相続も発生しますよ。