銀行口座は明確化する

銀行口座は明確化する

銀行口座は明確化する 高齢者となった方は老後の人生を楽しんでいる方も大勢いますが、いつお亡くなりになっても家族が困らないように、財産管理等をしっかりと済ませておくことは肝心です。
その理由は普段から家族が認識をしている銀行口座などでは問題になることは少ないものの、資産を分散させて複数の銀行にお金を預けているような方がお亡くなりになってしまうと、相続の際には家族全員が知らないままで済ませてしまう可能性はあります。
基本的には年月が経過しても銀行口座にお金が残ったままになる可能性は出てしまいます。そのため該当する方は高齢となった段階で相続で家族が損をしてしまうことが無いように、プライベートで開設した銀行名と通帳、カードをお持ちの場合は暗証番号もノートに記載をすることと、通帳や印鑑を保管している場所まで記載する方法で問題は簡単にクリアできます。
もしも面倒に感じてしまう場合や、ノート自体の存在を家族が見つけることができない事例も想定して、いくつもの銀行を利用している方は最低でも2つ程度にまとめておくことも効果的です。

相続手続きするために必要な戸籍謄本の取り寄せ方

相続手続きするために必要な戸籍謄本の取り寄せ方 遺産相続は亡くなった方との間柄をはっきりさせるために必要なものです。これを見ることで法定相続人に値するかがわかります。戸籍謄本には現状だけが記入されたものや、過去の履歴まで記入されたもの等があります。
その手続きには、被相続人(遺産を残した人)の死亡まで載っている必要です。これによりこの人は誰と誰の間に生まれた子供で、兄弟は何人いて、だれと結婚して子供を何人儲けたかということを知ることができます。
これをもとに該当する相続人すべての現在の戸籍謄本が必要となります。このことから現在も生存していることが確認できます。この書類は本籍地の市町村役場に行って請求することが出来ます。代理人に頼むときは委任状が必要です。遠いようなら郵送で請求することも可能です。
もし自分の本籍地がはっきりしないときは、住民票を取り寄せると記載されています。郵送の場合は交付申請書と、本人確認のための運転免等のコピー、手数料として小為替、返信用の封筒と切手が必要です。

「相続 口座」
に関連するツイート
Twitter

Stand fm更新しました! NISAで長期投資をするなら、次の世代へのバトンパスも意識しておきたいですね👍 NISA口座と課税口座での、相続の扱いの違いとは

相続申告終わったのに、父の銀行口座新たに見つかる👀 本人から財産の事は何も教えてもらえなかったので、通帳のある口座しか把握できず…。 通帳ない口座なんて、分かるかぁ😑😡と、腹が立つのと同時に、もうちょっと上手く要領よく出来なかったかなぁと後悔もある。 やっぱり私、鈍くさい。

ちなみにいわゆるお布施が別にかかってるし(-_-;) 父の銀行口座は亡くなる前の介護費用やベッド等のレンタル、通院してたがん研究センターへの支払などでほぼ使い切ってて空っぽ。これでは相続税もかからんわ。でも下手に残すより使い切った方が潔くてよいかもね。

自動車保険更新  父の車を相続して口座変更の手続き終了

本日、父のゆうちょの貯金を母の口座相続する手続きを持ちましてすべての相続手続きが完了!…したはず。(^o^; 自宅不動産以外は大した物も無いので、相続税は無いけど、売却する自宅に関する税は確定申告までに調べます。(^o^;