銀行口座は明確化する

銀行口座は明確化する

銀行口座は明確化する 高齢者となった方は老後の人生を楽しんでいる方も大勢いますが、いつお亡くなりになっても家族が困らないように、財産管理等をしっかりと済ませておくことは肝心です。
その理由は普段から家族が認識をしている銀行口座などでは問題になることは少ないものの、資産を分散させて複数の銀行にお金を預けているような方がお亡くなりになってしまうと、相続の際には家族全員が知らないままで済ませてしまう可能性はあります。
基本的には年月が経過しても銀行口座にお金が残ったままになる可能性は出てしまいます。そのため該当する方は高齢となった段階で相続で家族が損をしてしまうことが無いように、プライベートで開設した銀行名と通帳、カードをお持ちの場合は暗証番号もノートに記載をすることと、通帳や印鑑を保管している場所まで記載する方法で問題は簡単にクリアできます。
もしも面倒に感じてしまう場合や、ノート自体の存在を家族が見つけることができない事例も想定して、いくつもの銀行を利用している方は最低でも2つ程度にまとめておくことも効果的です。

相続手続きするために必要な戸籍謄本の取り寄せ方

相続手続きするために必要な戸籍謄本の取り寄せ方 遺産相続は亡くなった方との間柄をはっきりさせるために必要なものです。これを見ることで法定相続人に値するかがわかります。戸籍謄本には現状だけが記入されたものや、過去の履歴まで記入されたもの等があります。
その手続きには、被相続人(遺産を残した人)の死亡まで載っている必要です。これによりこの人は誰と誰の間に生まれた子供で、兄弟は何人いて、だれと結婚して子供を何人儲けたかということを知ることができます。
これをもとに該当する相続人すべての現在の戸籍謄本が必要となります。このことから現在も生存していることが確認できます。この書類は本籍地の市町村役場に行って請求することが出来ます。代理人に頼むときは委任状が必要です。遠いようなら郵送で請求することも可能です。
もし自分の本籍地がはっきりしないときは、住民票を取り寄せると記載されています。郵送の場合は交付申請書と、本人確認のための運転免等のコピー、手数料として小為替、返信用の封筒と切手が必要です。

「相続 口座」
に関連するツイート
Twitter

返信先:

家庭裁判所から特別代理人選定の照会が届いた。 ・被相続人や申立人に債務があるか? ・遺産分割協議書(案)記載以外の預貯金はあるか? ・記載の預貯金口座の残高確証を送れ ・子供の法定相続分は確保されているか? ・特別代理人候補の選定理由は? あとから聞かれるのね・・早く返そう😩

返信先:通帳レスの時代だからねぇ。私もほとんど記帳はしなくて全部ネットで見てるけどたまに通りかかると記帳してるのよね。もし私や夫が死んだ時に通帳がないと相続に困らない?私たちの口座が分からないままにならない?!と思って通帳残してるんだけど。

返信先:相続権は子供さんのみだったと思うよ、先ずはカード系の回収、若しくは口座の凍結若しくは使用制限をお願いするのも良いかも 本当に最悪な時は現金を30万程用意してこのお金を渡すから荷物まとめてその場で出て行って貰うのもあり、続きます

返信先:とりあえず、バフェットの意見に従った方が良いかな? つまり、90%をS&P500に突っ込む。そして、毎年孫に110万円を贈与する。これで、少しでも相続税を減少させる。孫にネット証券口座を開設させ、贈与した現金を全てS&P500にする。