生命保険を相続したときの相続税

生命保険を相続したときの相続税

生命保険を相続したときの相続税 生命保険金を受け取ると、原則として相続するため税金がかかることになります。保険料を誰が負担したのかによって、相続税ではなく贈与税や所得税などもかかるケースがあるでしょう。相続する税金を計算する場合、負担者が誰かに関して確認しなければいけません。負担者が分からないなら、保険契約者が保険料を負担すると考えるようになります。誰が負担したのか分からないこともあり、このような場合は相続税の計算をする際保険証券の写しを確認するのですが、保険証券には誰が負担したのか記載されていないことが多いです。

契約内容を確認する際、保険料は亡くなった人が支払っていたのかを確認することになりますが、毎月口座振替しているなら通帳を確認すると、本人が払ったのか確認することができるでしょう。保険料の負担者が誰なのかについて税務署も重点的にチェックすることになります。負担者によって相続する税金の種類が変更されることもあるので注意が必要です。

相続で知っておきたい生命保険と遺留分のこと

相続で知っておきたい生命保険と遺留分のこと 相続対象となる財産の中には不動産や現金等がありますけど、原則として生命保険の死亡保険金は含まれてはいないものですから、知っておかれるのがいいでしょう。その理由は、保険金を受け取った人の固有の権利とされているためになります。
それから、相続が開始された時には遺留分という制度が設けられていまして、権利を持つことを認められた人やその人たちの割合は決められているものです。たとえば、配偶者が死亡して相続が発生した場合の財産が居住している不動産のみであったとしたなら、受け取った保険金から分けることができて住まいを移すことがなくなります。そして、生命保険で受け取る保険金は固有の権利となりますので、原則として遺留分減殺請求の対象にはならないので、ぜひ覚えておきたいものです。
家族が死亡して相続が開始されたなら、さまざまな出来事が起こることでしょう。このことを知っておくだけでも随分違いますので、お役立てください。

「相続 生命保険」
に関連するツイート
Twitter

ラジオテキストver更新しました! 渡したい人に渡すことができる、相続税の納税資金が準備できるなど、生命保険ならではの特徴がありますね👍 相続時に活躍する、生命保険の特徴とは?|大空みさき

民事信託の契約が終了した後の相続発生時の納税資金の確保のために生命保険が有効活用できます。納税資金に不安がある場合は、委託者本人とその配偶者、子どもそれぞれが生命保険に加入することで解決することができる場合があります。

相続開始の時において、まだ定期金給付事由が発生していない定期金給付契約(生命保険契約を除く)で被相続人が掛金の全部を負担し、被相続人以外の者が当該定期金給付契約の契約者である場合、当該契約に関する権利を当該契約者が相続または遺贈により取得したものとみなされる

生命保険信託は、委託者が保険会社と締結した生命保険契約に基づく保険金請求権を信託銀行等に信託し、委託者の相続が開始した際には、信託銀行等が保険金を受け取り、受益者に対してあらかじめ定められた方法により給付する信託である。

返信先:そもそも、日本での生命保険の記述が無い不自然さ。元生保レディとしては、最低3000万は入っているはずで、裕福な方程、相続税対策の為に、5000万は普通です。