課税対象になる財産の範囲

課税対象になる財産の範囲

課税対象になる財産の範囲 相続した財産にはお金のように課税対象となるものもあればならないものもあるので、予め対象となるものを知っていれば落ち着いて手続きができます。
基本的に不動産や株式、預貯金など相続が開始した時点で所有していた財産に対して税金が課税されることになります。故人が病院の支払いや今後の生活のために銀行などから引き出して自宅に保管していた手元現金は課税対象です。
死亡保険金は法定相続人の人数に500万円を乗じた金額までは課税対象になりません。仮に妻と子供2人が遺産を承継したとすると、3人掛ける500万円で1500万円までは生命保険金が非課税となります。契約者と被保険者がともに子供で実際にお金を支払っていたのが亡くなった父である場合、名義は子供ですが課税対象とされます。
本人が亡くなった日の後に未支給の国民年金が振り込まれた場合には基本的に相続対象とはなりません。ただし個人年金として受け取っていたものの残りは、年金受給権となり承継される遺産に該当します。

財産を相続するときの証券の扱いや方法について

財産を相続するときの証券の扱いや方法について 財産として証券を持っている人も多いです。現金のように均等に分けられるものではありません。
相続をするときは、分けるならその証券の売買単位で分けます。最低売買単位なら、相続人が2人いても1人しか相続はできません。手続きとしては銀行口座と同じようになりますが、取引をしている金融機関に口座がある必要があります。
そのため口座がない人なら、まずは口座を開設するところからになります。必要な書類は金融機関で指示がありますが、銀行口座と同じように相続人全員の実印が必要になります。
名義変更が完了すると売買が可能になるので、全員で分けられることができない場合は、売却して現金化したものを分けるという方法もあります。その場合は贈与になるので税金に注意が必要です。税金のための計算方法は時価になります。
手続きするときの時価ではないので、分からないときは専門家に確認した方がいいです。通帳などはないので、どこで取引していたか分からないときは探す必要もあります。

「相続 証券」
に関連するツイート
Twitter

返信先:私もいずれ楽天証券に一元化して、SBI証券は閉鎖するつもりです。 けど、父がSBI証券使ってるんで、相続時にはSBIまた開設しないといけないかもです ※相続時は同じ証券会社でないといけないため

返信先:認知症になると相続って厄介なんですよね。 ウチは前触れ無くポックリ逝ってくれたからまだ楽でしたが、それでも葬儀に銀行に役所に証券会社に税理士事務所にと忙しかったですね。 遺品から手掛かりを見つけての作業はなかなかハードです。

返信先:とりあえず、バフェットの意見に従った方が良いかな? つまり、90%をS&P500に突っ込む。そして、毎年孫に110万円を贈与する。これで、少しでも相続税を減少させる。孫にネット証券口座を開設させ、贈与した現金を全てS&P500にする。

返信先:はじめまして、以前は証券会社勤務、今は司法書士として相続アドバイザーをしている者です。 相続税対策一択だと思います。 今年から生前贈与の制度が厳しくなり、多く納税することになります。 法が認めている制度がありますし、生前対策は今しかできないことがあるはずです。お子様に迷惑かけぬよう

高齢の方で孫への移譲まで視野に入っている場合、自身での運用や子への贈与・相続よりも孫への贈与が優先だよなぁ。 孫が生まれた瞬間証券口座を開設し暦年贈与を開始し、0歳からインデックス運用を開始させるのが最適解。 暦年贈与をはみ出る分はお年玉でタンスに文字数