遺産相続の割合

遺産相続の割合

遺産相続の割合 故人が財産を残して亡くなり、その財産をどう分けるかの問題が生じてきます。遺書などがある場合を除いて、法律で遺族に分配するのが妥当です。
相続には順位があり、配偶者と子供が第一順位、父母が第二順位、兄弟姉妹が第三順位となっています。
その遺産相続の割合は①故人の配偶者と子供が法定相続人の場合は、財産を配偶者が二分の一、子供も二分の一に分けます。
子供が二人いるなら、二分の一を二人で分けることになるので、一人の子供の取り分は財産全体の四分の一になります。②故人の配偶者と父母の場合は、配偶者が遺産の三分の二をもらい、父母は遺産の三分の一をもらいます。③故人の配偶者と兄弟姉妹のケースでは、遺産の取り分は配偶者がその四分の三を、兄弟姉妹が四分の一をもらうことが法的には決まっています。
以上の例は一般的であり、この他にも遺族に孫がいたり、前妻との間に子供がいたりする場合にも財産の取り分が異なってくるので、詳細を知りたいなら、税理士などの専門家に相談することをお勧めします。

相続の一部放棄をしたい場合はどうすればいい?

相続の一部放棄をしたい場合はどうすればいい? 相続というと土地や預貯金などの財産をもらえるイメージですが、実はプラスばかりではありません。借金や滞納している税金、へんぴな場所にある古い家や山林、原野など引き継ぎたくない財産が遺されることもあるのです。
その場合、マイナスな財産は放棄して、プラスの財産だけを引き継ぎたいと悩んでいる人もいるかもしれません。結論から言うと、一部放棄はできません。プラスもマイナスも含めたすべてを相続するかしないかの2つに1つなのです。
ただし、遺産分割の協議で1部のプラス財産だけを放棄する内容で合意する、あるいは相続分の1部だけを他の人に譲渡する、または限定承認の手続きをとることで、一部放棄と同様の効果をもたらすことができます。
とは言え、これらの手続きには条件があり、しかもとても複雑です。他の相続人との話し合いが必要ですから、単独で決めることはできません。あれは欲しいけれど、これはいらないなどと勝手に決めることはできないのです。

「相続 一部」
に関連するツイート
Twitter

メチャクチャしんどい…相続問題が長引く4つのパターン」 () >一部の人と連絡が取れない お金が絡むので、内容証明郵便を送って受け取り拒否、特定記録で送って不在なら「到達」したものとみなし、その後何等意思表示してこなかったら「0円」にしてもよい、は難しい?

金利無しだが、額面分だけ相続税免除の国債を発行すれば、超高齢化社会で相当な需要があるだろう(政府は結果的に、為替が円安加速=インフレ加速で実質的債務は大幅減という見立てで) そしてそれを、現行の世代間扶養の年金制度から積立型年金制度へ改革移行する経過的処置財源の一部として活用🤔

人間のその、愛憎焦燥憎しみ悲しみ妬みそねみ傲慢いじめ弱い者いたぶり村八分陰口聞こえるように言う私利私欲相手のことより自分のポジション隠蔽賄賂根回し相続問題金や物目当て常に上にのしあがるためには蹴り落とす、なんでもやる。 妖のアニメで見た一部

よく勘違いされる方がいらっしゃるのですが、相続放棄は100か0です。一部の財産だけ、放棄するということはできません。相続放棄は、相続人としての地位を一切放棄するということです。相続放棄をした場合は、借金を相続することもありませんが、あとから遺産が出てきても相続できません

返信先:素晴らしい幸運‼️ ついては、どうしろと? 親族の振りをして、先行して相続税の一部をココに振り込めとか? 急いでATMに行かなくっちゃ‼️