遺産相続の割合

遺産相続の割合

遺産相続の割合 故人が財産を残して亡くなり、その財産をどう分けるかの問題が生じてきます。遺書などがある場合を除いて、法律で遺族に分配するのが妥当です。
相続には順位があり、配偶者と子供が第一順位、父母が第二順位、兄弟姉妹が第三順位となっています。
その遺産相続の割合は①故人の配偶者と子供が法定相続人の場合は、財産を配偶者が二分の一、子供も二分の一に分けます。
子供が二人いるなら、二分の一を二人で分けることになるので、一人の子供の取り分は財産全体の四分の一になります。②故人の配偶者と父母の場合は、配偶者が遺産の三分の二をもらい、父母は遺産の三分の一をもらいます。③故人の配偶者と兄弟姉妹のケースでは、遺産の取り分は配偶者がその四分の三を、兄弟姉妹が四分の一をもらうことが法的には決まっています。
以上の例は一般的であり、この他にも遺族に孫がいたり、前妻との間に子供がいたりする場合にも財産の取り分が異なってくるので、詳細を知りたいなら、税理士などの専門家に相談することをお勧めします。

相続の一部放棄をしたい場合はどうすればいい?

相続の一部放棄をしたい場合はどうすればいい? 相続というと土地や預貯金などの財産をもらえるイメージですが、実はプラスばかりではありません。借金や滞納している税金、へんぴな場所にある古い家や山林、原野など引き継ぎたくない財産が遺されることもあるのです。
その場合、マイナスな財産は放棄して、プラスの財産だけを引き継ぎたいと悩んでいる人もいるかもしれません。結論から言うと、一部放棄はできません。プラスもマイナスも含めたすべてを相続するかしないかの2つに1つなのです。
ただし、遺産分割の協議で1部のプラス財産だけを放棄する内容で合意する、あるいは相続分の1部だけを他の人に譲渡する、または限定承認の手続きをとることで、一部放棄と同様の効果をもたらすことができます。
とは言え、これらの手続きには条件があり、しかもとても複雑です。他の相続人との話し合いが必要ですから、単独で決めることはできません。あれは欲しいけれど、これはいらないなどと勝手に決めることはできないのです。

「相続 一部」
に関連するツイート
Twitter

【PACSと相続】 PACSして自分or相手パートナーが亡くなった場合、PACSでは契約相手は他人と見なされるため、自分の財産の一部を相手に遺したい場合、遺言書を作成することが不可欠。 ↓ 遺言書がない場合、配偶者とは異なるため、故人の財産の一部の所有権や使用権を主張することはできない。 (9/n

公開してる僕の事情 ・某武将の正式な子孫 ・教科書に載ってる某武将及び某偉人達の血も入ってる ・経済界、政治界、教育界どこにも身内がゴロゴロ ・本来はとある一族の本家本筋(国に保護されて失踪中) ・世界記憶遺産系列の作品、国宝級作品の一部相続先🆕 ・一族唯一、一般人と婚約中 婚約者哀れ

【民法907条】 (遺産の分割の協議又は審判) 共同相続人は、次条第一項の規定により被相続人が遺言で禁じた場合又は同条第二項の規定により分割をしない旨の契約をした場合を除き、いつでも、その協議で、遺産の全部又は一部の分割をすることができる。 2 遺産の分割について、共同相続人間に協議が

岩手の山の土地を一部相続出来るんだけど拒否したい。

3月末でゼロポイントに戻る事になる! 親が亡くなり、返済部分の一部相続で相殺というのが大きかった。1年9カ月でゼロに戻せるとは思ってなかったな~ さぁ~ここからはドンドン積んでいきます笑