義親族に遺産を相続させる

義親族に遺産を相続させる

義親族に遺産を相続させる 遺産は優先順位によって割合が定められています。配偶者が最も大きな権利を有し、同時に血族相続人である第一順位の直系卑属となる子や孫、第二順位の直系卑属の父母や祖父母、第三順位の兄弟姉妹がそれぞれ割合に応じた遺産を受取ることができます。つまり、配偶者は常に相続権を有し、他の対象者に関しては、例えば第一順位がいなければ第二順位の人が権利を持つことになります。
課題は血族外にも権利が発生するケースがあることです。義理関係が該当し、1例を上げれば娘と婿といったケースが考えられます。例えば娘の親が婿名義で不動産を与えたとします。この場合、婿が不幸にして亡くなったとすれば、子供がいれば娘が1/2、子供が1/2で相続が行われます。しかし、いない場合には全く血のつながりのない人に権利が移ることになり、娘が2/3で婿の父母に1/3の遺産が与えられます。また、仮に父母が亡くなっていたとすれば今度は婿の兄弟に権利が移ることになり、ここでは3/4が娘、兄弟へは1/4の相続が行われることになります。

事実婚と相続問題

事実婚と相続問題 最近は結婚の形も様々になってきています。姓を揃えることに不便さを感じていたり、個人を尊重したいという思いがあったりという場合、あえて入籍をしないまま夫婦として生活する事実婚をとるという方も出てきているのです。前の結婚で子供がいる場合なども、あえて入籍をしないということがあるようです。もちろん生き方は人それぞれですからよいのですが、事実婚となると法律上の結婚と異なることから問題も生じてくることがあるので注意しましょう。
夫婦という形で生活していたとしても、籍が入っていないことで亡くなった人の財産を事実婚の配偶者が相続できないということが起こるのです。どうしても籍を入れることができないというケースの場合には、遺言で財産を遺贈するなどという事も考えておきたいものです。特に理由がないのであれば、相続時に問題が生じないように籍をきちんと入れておくという事も考えておきたいものです。いつ何が起こるかわかりませんから、甘く考えずに準備をしておきましょう。

「相続 遺産」
に関連するツイート
Twitter

【金運】ホロスコープのここがこうなら金運良し!…みたいなことはなくて。現代に生きる私たち庶民は仕事運が金運に直結するため、まず仕事運をみます。2.6.10室カスプが土か水サインなら手堅く食いっぱぐれなし。2室は稼ぎ、8室は遺産(負の遺産→借金相続も含む)金星はお小遣い、木星は大金。

返信先:過去に、ロスチャイルド家の分家の当主が死去した時に、遺産相続人である遺族が大量の株式を売却して株式市場を暴落させて遺産にかかる相続税を最低限度額まで下げて相続税を支払い後に株を買い戻した。 この様な話を以前、聞いた事があります。

返信先:遺産相続で揉めてるの😞 相手は精神疾患持ってるし金にがめついし最悪の相手だよ😞 去年の7月に祖母が亡くなってるのに、亡くなったこと知らせてきたの今月だからね😞亡くなってから半年経ってる😞 みんなで平等に分ければいいのにね😞 私は負けたくないから弁護士雇ったの😞

決着により妻の遺産相続関連ポストは削除。 義兄に対しては憤りのみ。身勝手さ、強欲さ。モラハラにはうんざり。 義実家二人の無責任さ、無知さ、無礼さにも呆れた。 義従姉一族が話を聞いてくれて助かっています。 義兄について、詳しく話すようになったのは義叔母葬儀から。今思えば序章だった。

※ 事実婚≠PACS。性別に関係なく、成年に達した2人の個人の間で安定した持続的共同生活を営むために交わされる契約で、実は友達同士でも可能(肉親は不可)。ちなみに事実婚はconcubinage、配偶者控除などの対象となっておらず、パートナーの死後、遺産相続する権利も認められていない。 (2/n