勉強しておくことの重要性

勉強しておくことの重要性

勉強しておくことの重要性 "相続の問題は、多くに人にとって身近な存在です。
しかし、いざその時が来てから困って慌てる人が少なくありません。最低限知っておくべきことを事前に勉強しておけば、当事者になった時に戸惑わずに済みます。
誰かが亡くなった時、どの人に相続の権利があるかは意外と理解していない人が多いです。まず配偶者がいればその人は遺産を受け継ぐことができます。配偶者との間に子どもがあれば、子も相続するのが通常です。この時には子と配偶者が半分ずつと民法に定められています。
子がおらず、直系の尊属、つまり親がいる時には配偶者と親が引き継ぎますし、子も親もいない時には兄弟姉妹に権利が発生します。亡くなった人が遺言書を残していればそちらが優先されるのが通常ですが、それが全てではありません。
例えば、愛人に全ての財産をあげるという旨の遺言がありその通りにしていては、残された遺族は困ってしまいます。そんなときのために、親族等が遺留分という制度を主張できることも勉強して知っておけば、安心です。"

相続のトラブルは法律事務所の弁護士に解決してもらう

相続のトラブルは法律事務所の弁護士に解決してもらう 突然父親が他界してしまい遺書が残されておらず遺産を相続すべきか放棄すべきか迷っている、相続人に該当する兄弟が多いので遺産分割協議がスムーズに進まず言い争いになってしまう、遺産の中に不動産がいくつか含まれており話がこじれるなど遺産相続にまつわるトラブルが勃発し、良い対処法が見つからず悩んでいるという方は多いのではないでしょうか。
そんな悩みに寄り添い問題を解決してくれるのが、法律事務所の弁護士です。身内同士での話し合いが上手くいかず問題解決がどんどん遠のいていくなと感じているなら、早めに法律相談をしてプロのアドバイスをもらうべきです。
法律事務所は全国各地にありますので、きちんと比較して選びましょう。
比較するときにチェックしたほうがよいポイントとしては、相場と比較して価格が適正で費用の内訳を明確に掲示してくれる、相続問題を得意としている実績や経験が豊富な弁護士が在籍している、アクセスしやすい場所に事務所を構えていて営業時間が長いなどがあります。

「相続 勉強」
に関連するツイート
Twitter

ワイは旧司法試験を勉強してましたので、司法書士試験の民法総則、債権、刑法辺りは間違えたことなかったんですが、 それでも物権、相続、会社とかの細かさには辟易させられたよね。 自筆証書遺言の日付が「吉日」じゃダメとか、押印は拇印でもOKとか、うるせぇよ! と思った笑

会社法や登記法の時じゃなくてよかった😭私債権や相続、親族のところは得意なので..✨(みやざき先生のおかげ✨) 夜、せめて2時間は勉強してから寝るぞー!

今日は産廃(積替保管)の立ち入りに同席。 最近は産廃の関与先も以前より大分増えてきたので、ニーズに応えるため、より確かな知識を深めていかないと(私もスタッフも)と感じています。 相続勉強もしなきゃだし、本当時間が足りない。雨上がってよかった〜

大雨降りの午後は、相続に関する問い合わせとHPで勉強たくさん💦 いろいろやる事あって、なかなか面白かったりする😊

返信先:素晴らしいです👍 相続はどんな勉強方、参考書を使いましたか??