自筆証書遺言の関係と注意点

自筆証書遺言の関係と注意点

自筆証書遺言の関係と注意点 誰かが亡くなった時に、その妻や子供・親兄弟が財産を引継ぐのが相続です。誰が幾ら相続できるかは法律によって定めがある他、関係者が相談して内輪で決めることもできます。
ただし相続はもめやすい傾向があり、なかなかすんなり解決せずに血縁者の間でしこりが残る結果にもなりかねません。その点で遺言書があれば、その通りに遺産分けが進むのでスマートな解決に繋がります。
問題は遺言の種類と、できるだけ発見しやすくするために工夫を要することです。まず遺言書は自分で作る自筆証書遺言がポピュラーですが、書式とか訂正方法が事細かに決まっているので要注意。自己流で作ると、無効になってしまう恐れがあります。
このために専門家に相談しておきましょう。また遺産分割を終えてから発見されると、これはこれで少々面倒です。逝去された後は遺族が早く見つけられるように工夫しましょう。
具体的には貸金庫に預けたり、法務局などへの保管制度を利用できます。いずれにしてもプロの支援があれば安心です。

相続税の申告にあたっての土地の評価方法とは

相続税の申告にあたっての土地の評価方法とは 亡くなった人が生前に所有していた土地を相続で取得した場合には、相続税の申告と納付の義務が生じることがあります。
しかし現金や預貯金などとは違って、見た目からはその土地がいくらの値打ちをもつものかがわからず、そのままでは税率を掛けて税額を計算することもできません。
そこで法令にしたがって土地の評価をする必要がありますが、この場合の方法には大きくわけると路線価方式と倍率方式とがあります。
路線価方式は市街地の土地に対して主に使われる方法で、その土地が面している道路ひとつずつに付けられている路線価とよばれる単価と面積を掛け算して、具体的な金額を求める方法です。
いっぽうの倍率方式はそれ以外の地域で使われる方法で、固定資産税評価額に対して一定の倍率を掛け算して金額を求める方法といえます。
路線価や倍率は税務署が毎年作成している路線価図などの資料に掲載されており、現在ではインターネットを通じて手元のパソコンにダウンロードすることも可能です。

「相続 評価」
に関連するツイート
Twitter

なんかやはりとても良い波が来ている ありがたい、、 これを貴重に思っておこう。 ・良い出会い ・仕事自体 ・社内の環境と評価相続も落ち着きそう ・もう片方の相続も落ち着きそう

本日は、首都圏の譲渡所得(相続した土地の譲渡)の申告を重点的にしていたのですが、譲渡価額が小規模宅地等の特例を適用する前の相続評価額の2~4倍という事例を頻繁に見かけました。 これが首都圏の地価高騰の全般傾向なのかもしれませんが、相続税申告がちょっと心配に思えてきます・・・。

返信先:小規模住宅の特例(相続評価額が20%になる)が受けれる場合は、形式上でも持ち家がない人が相続するほうが圧倒的によいです。(最近親が死んだので調べました)

返信先:土地評価の違いは確かに存在しますが、多角的な比較、コンサルタントへの相談、詳細な資料の提供などを通じて、評価の違いによる影響を最小限に抑えることができます。土地の相続と贈与の事務を処理する際には、評価結果の合理性を確保することが税務紛争の回避と権益の保障にとって重要である。

返信先:相続はまたFPとかぶるかな…?(宅地の評価とかもやります) お互いに無理のない範囲で細く長く続けて行きましょ✊