複数人が相続する場合の注意点

複数人が相続する場合の注意点

複数人が相続する場合の注意点 相続人が複数いる場合、まず注意しなければいけないのは分配に関することです。現金や不動産、株式など様々なものを相続できるのであれば、話し合いで誰が相続するのか決めることができます。
複数いると意見が割れてしまうこともありますが、遺言書などを利用すればある程度公平に分配することが可能です。
ただ故人が残したものが不動産のみだった場合、トラブルが発生しやすいと言われています。というのも不動産を分配する場合は現金化して分割することになるため、どうやって分割するのか事前に話し合っておく必要が出てきます。分割方法はいくつかあるので、きちんと話し合っておくことが必要です。
ほかにも注意しなければいけないのが、遺留分に関することです。遺言書の内容によっては遺留分が侵害されていることもあり、そのような場合は遺留分を求めてトラブルになってしまうことがあります。
このような場合は当人同士だけでは解決できないことが多いため、弁護士などを挟んで解決することが大切です。

後で慌てないために相続の種類を知っておく

後で慌てないために相続の種類を知っておく 相続と聞くと身内が亡くなったときに受け取ったり、知人から受け継ぐというイメージがありますが、いろいろな種類があり、どのようなものがあるのか知っておくことで、いざというときに慌てなくて済みます。
お金や不動産だけでなく、事業や権利といったものまで幅広くありますが、特に気を付けなくてはいけないのが相続した時にかかるお金についてです。
ただ貰うだけで済むものならば何も気にしなくても良いのですが、お金や不動産、事業や権利などは相続した人に利益をもたらすものであり、税金を支払う必要があります。この税金については知らなかったでは終わらせることができないものになるので、必ず専門家に相談し、自分がどのような対応をしなければいけないかを確認する必要があります。
相続したことにより、大きな負担を背負うことになるのであれば辞退することも一つの手段であり自分の生活やその後の人生を考えた上でしっかりと判断することが大切です。

「相続 複数」
に関連するツイート
Twitter

父が亡くなってから 不良債権が複数件があるとわかり すごく大変だった。 口座の残高は少なかったのに 相続税はびっくりするほど請求され 這いつくばる想いで回収したけど あれは本当にしんどかった

相続前の確認事項3選】 . 相続人が複数いる場合、 相続人全員が相続する権利を持っています。 1人で相続手続は進めれません。 相続手続をする際は、相続人全員の協力が必要です。 .

超お金持ちのひとから「資産が1億超えたら、子どもへの相続税対策にマイクロ法人設立しとくといいよ」「銀行が破綻すると1千万までしか補償されないから、複数の銀行に分散するのが面倒なら証券会社の口座に預け入れておけば、証券会社が破綻しても全額戻ってくるよ」と教えてもらったけど使い道はない

不法滞留者や外国籍のマイナンバーが複数あるとか持って無い勢はこうなるとわかって作らせない運動したんだな 騙されて作ってないやつ涙目だな 親類も死にそうになって大慌てで作ってた けどw ここは土地がちょい相続で揉めそうで今からゴリゴリ整理始めてる(曾祖父さんから登記変えてない) 僕が

そうそう。政治団体だとかで実家の家賃払ってる大臣、複数いたわよね(辞めてない人も)。あと遺産は政治団体に移して相続税無税とか、もうなんなの脱法的脱税ばかりの自民議員達←裏金は脱法以前に犯罪