初心者のための相続情報サイト

民法891条で規定されている「相続欠格」とは

民法891条で規定されている「相続欠格」とは 相続というのは血縁者などの権利であり、血縁が近い人からそのウエイトは高くなるようになっています。
原則時にはそうなのですが、そうではなく欠格となってしまう場合があります。
相当な事由があり、ひどい場合、その人の財産を受け継ぐ権利はなし、ということがあります。
それが欠格事由です。
民法891条ではいくつかの欠格事由があります。
例えば故意に被相続人、或いは他の相続人を死に至らしめた、あるいはそうしようとした時などで刑を受けた場合、受け取ることができなくなります。
要するに簡単にいいますと被相続人を故意に死を至らしめるというのは早く受け継ぎたいから、という事があるからです。
そして同順位や先順位の人もそうすれば自分に来ることができたりしますし、受け継ぐ分を多くできることになります。
こんなことをした人に対して財産を受け継がせることがよいのか、といえば当然、社会的に認めるわけにはいかないので駄目、となるわけです。

相続問題を解決するための相談窓口

相続問題を解決するための相談窓口 相続問題で悩みがあるのであれば、弁護士に相談するのが適切です。
その中でも、相続分野を得意とする方を選ぶと良いでしょう。
法律は分野が広いため、大抵の弁護士はジャンルを絞っています。
そのため、相続分野を専門としている方が1番その問題解決のための知識を持っています。
また、弁護士会や自治体などが無料法律相談をやっていることがあります。
ここでも法律のことは相談することができるため、活用すると良いです。
無料なので予算を気にする必要がありませんし、相談してもらった方に仕事を引き受けてもらうことも可能です。
法律問題は専門知識が必要であって、間違って行動すると損をしてしまうことがあります。
特に相続は大きな財産が関わって来ることなので、適切な行動をしなければなりません。
一度確定してしまうと動かすこともできません。
したがって自分で何とかしようとするよりは、専門知識を有している弁護士を頼った方が自分のためになり、不利益を回避することができます。

「相続 相談」
に関連するツイート
Twitter

相続QA Q)遺言書を作成し法務省へ保管しようと思う。メリットとデメリットを教えて。 A)メリッㇳは、職員が形式の不備を確認する為、無効になりづらい。改ざんや紛失も防げる。公正証書遺言に比べ、費用は約10分の1程。デメリットは形式確認はあるも、公正証書遺言と違い法的相談は受けられない。

返信先:超奥ゆいは60何年は生きるはずなのに相続って。 自分こそ相談トラブル起こさないようにせなあかんのに。

返信先:案1.全額CWEBに投資して毎日のジェットコースターを動画化して人気ユーチューバーに。 案2.全額四資産(年金と類似の運用)に投資して適宜必要なタイミングで売却 案3.今から20年後を考えると資産が膨らんでも相続税が発生して相当額を持って行かれるためプロに相談しつつ贈与等しつつ運用する

今日母親の携帯電話に、向こうの家の火災保険が来月満期と連絡があった。とりあえず誰が相続するにしても名前変えて継続するということで、ついでに聞いてみた 雨漏りして天井に穴空いてるのは火災保険の対象ですか? 劣化で悪くなったのは対象外だけど、火災保険ですとの話。リフォーム会社に相談

返信先:底地権は不動産の完全性と権益にとって非常に重要であり、特に相続、開発、譲渡、賃貸などの場合。下地権に疑問や悩みがある場合は、専門家に相談して助けとアドバイスを得なければなりません。これにより、潜在的な法的紛争やリスクを回避し、不動産権益の明確かつ安定を確保することができる。