縁切りした親からの相続

縁切りした親からの相続

縁切りした親からの相続 縁切りした親からの相続はどうなるのでしょうか。
確かに、縁を切った人からの相続をする気がないと思われる人も多いでしょう。
しかし、民法上ではその権利は発生します。
縁を切ったというのは当事者間での「暗黙の了解」のようなものであって、世間的には何の効力も発生していません。
ということは、原則として、縁を切った親が亡くなった場合、権利そのものは発生してしまいます。
以下、具体例を見ていきましょう。

第一に、「そもそも相続する気がない」場合
これは簡単です。権利そのものを「放棄」すればよいのです。

第二に、「縁は切ったけれど、相続の権利があるのであればしたい」という場合
例えば、親の片方(今回の例では父)が亡くなって、
妻と子どもが4人いる場合を例に挙げて説明します。
まず第一順位は妻です。財産の2分の1を引き継ぎます。
第二順位は子どもです。厄介になるのは子どものうち、
一人が亡くなった父と「縁切り」状態だった場合です。
残りの財産は4人で8分の1ずつ引き継ぐことができます。
しかし、縁を切った状態の子どもにも権利が発生するというのは、
縁を切っていない残りの兄弟からの心証はあまりよくないですし、
トラブルも発生します。
そういった場合、権利そのものは主張しても実際はもらえない例が多いようです。
どうしても権利を行使したい場合は「遺留分」というものがありますので
そちらを参考に財産を引き継ぐことを考えてみるのもよいでしょう。

相続と勘当は関係ないが別の方法でさせない事も

相続と勘当は関係ないが別の方法でさせない事も 親が子供の生き方や行動が許せなくて勘当だといってお互い顔も合わせないままの状態が続き、そのうち親が亡くなり相続の問題が起きる場合はあります。
法律的には言葉で勘当と言われていてもそれはできなくて戸籍を抜くなどもできず、親子の縁を切ったり子の遺産分与の権利を失うことにはなりません。
単に遺書にその子に対して何も残さないと記してあったとしても実際には遺留分の相続はできます。
しかし本当に相続をさせたくないと思った場合には別の方法があり、1つは親が家庭裁判所に対して親の相続人からその子を廃除するという審判の申し立てをすることや遺言で廃除する意思表示をしておくことです。
廃除の審判がなされれば子が持っている最低限の遺留分の権利も含めて剥奪をすることになり、廃除された者は完全に遺産を受け取ることができなくなります。
もう1つには特定の子に遺産を残さないようにするために、財産を生前贈与をしてしまうことなどです。

「相続 縁」
に関連するツイート
Twitter

遺族は通例、故人の遺産相続や遺品整理、家屋整理で1年間ぐらいはてんてこ舞いになるケースも多いです。 故人の昇天後、遺族と特に個人的にがなければ、そこで終わりと考えるべきで、突然の訃報とか生前の恩義とか持っていき場が無いケースもあるのは理解できますが、...

私は自分の両親のことを毒親とは呼ばないが、私にとって良い親ではなかった部分が多すぎるので、正直を切ってないのが最大の親孝行だと思ってほしい。絶対に相続放棄してやる。

返信先:切ったら、切れるよ。 遺産相続協議書書いたし。 創造だけじゃないの。

兄妹並びに弁護士、司法書士、民生委員などがあなたの手に入れた遺産を管理します。好き勝手に高いもの買ったり、奥さまが出来たとしても生活碑として計算してくれません。それどころか贈与税、相続税が多額なので払えないでしょう。兄妹とはも切れている様なので有資格者をつけるなら

遺産相続ってめんどくさいのね… 毒母に会いたくないし 私にくれるはずの分を毒母にあげるからもう切ってくれー! って言いたい…でも言ったらいったでまためんどくさいことになる…(´Д`)ハァ…