縁切りした親からの相続

縁切りした親からの相続

縁切りした親からの相続 縁切りした親からの相続はどうなるのでしょうか。
確かに、縁を切った人からの相続をする気がないと思われる人も多いでしょう。
しかし、民法上ではその権利は発生します。
縁を切ったというのは当事者間での「暗黙の了解」のようなものであって、世間的には何の効力も発生していません。
ということは、原則として、縁を切った親が亡くなった場合、権利そのものは発生してしまいます。
以下、具体例を見ていきましょう。

第一に、「そもそも相続する気がない」場合
これは簡単です。権利そのものを「放棄」すればよいのです。

第二に、「縁は切ったけれど、相続の権利があるのであればしたい」という場合
例えば、親の片方(今回の例では父)が亡くなって、
妻と子どもが4人いる場合を例に挙げて説明します。
まず第一順位は妻です。財産の2分の1を引き継ぎます。
第二順位は子どもです。厄介になるのは子どものうち、
一人が亡くなった父と「縁切り」状態だった場合です。
残りの財産は4人で8分の1ずつ引き継ぐことができます。
しかし、縁を切った状態の子どもにも権利が発生するというのは、
縁を切っていない残りの兄弟からの心証はあまりよくないですし、
トラブルも発生します。
そういった場合、権利そのものは主張しても実際はもらえない例が多いようです。
どうしても権利を行使したい場合は「遺留分」というものがありますので
そちらを参考に財産を引き継ぐことを考えてみるのもよいでしょう。

相続と勘当は関係ないが別の方法でさせない事も

相続と勘当は関係ないが別の方法でさせない事も 親が子供の生き方や行動が許せなくて勘当だといってお互い顔も合わせないままの状態が続き、そのうち親が亡くなり相続の問題が起きる場合はあります。
法律的には言葉で勘当と言われていてもそれはできなくて戸籍を抜くなどもできず、親子の縁を切ったり子の遺産分与の権利を失うことにはなりません。
単に遺書にその子に対して何も残さないと記してあったとしても実際には遺留分の相続はできます。
しかし本当に相続をさせたくないと思った場合には別の方法があり、1つは親が家庭裁判所に対して親の相続人からその子を廃除するという審判の申し立てをすることや遺言で廃除する意思表示をしておくことです。
廃除の審判がなされれば子が持っている最低限の遺留分の権利も含めて剥奪をすることになり、廃除された者は完全に遺産を受け取ることができなくなります。
もう1つには特定の子に遺産を残さないようにするために、財産を生前贈与をしてしまうことなどです。

「相続 縁」
に関連するツイート
Twitter

法律上、親子のは切れん。 そもそもなどないねん。 あるのは子が成人になったらほぼ意味ない扶養義務と相続関係だけや。 親を(子を)無視して生きるのは、今からでも、何もせんでも、自由にできるで。

まあたしか相続時には「限定承認」だったかで債務は切り離すことが可能というのも見たけど自分にはが無かったのでそれ以上は調べてない。

有産階級、学歴云々よりもはや血統で勝負してるからな…知らない世界すぎて面白くて興味湧いて自分んちの家系図せっせと作ってた時期があったな…祖父母やその兄弟、あまりない遠い親戚とかにも話聞きに行って12代くらい遡って600人くらいの名前書き出して満足してたら相続の時に活用されてて笑った

そもそも法学との無い人は、条文を読めばわかる、と思っちゃってたりね。 普通の職業で気になる法令って行政法規がほとんどでしょ。 仕事を離れて気になる法令も家族法だし。 学校でもなぜか他のことはろくにやらんのに、親等の数え方とか法定相続分とかはやるし。

振り込んじゃってね。 お母さんは兄弟一人ひとりにその半額くらい渡してね。 そのまま残りをねこばばしちゃったの。 一度聞いたら、私が死んだら分ければいいじゃない。みたいなこと言ってたけど、それだと自分のお金なのに相続税かかるよね。 本気で切るつもりで請求するか(絶対お母さん怒るから)